日刊!バイト倶楽部

日刊!バイト倶楽部は日本全国のバイト求人を毎日紹介! アルバイトの仕事内容や難易度、出会えるバイト、稼げるバイト、短期バイト、楽なバイト、日払いバイトなど、高校生、大学生、フリーターの方のバイト探しに役立つお仕事情報を更新します。

ガールズバーのバイトって危ないの?

世の中にはたくさんのガールズバーがあるため、中には危険なバイトがあるのも事実です。どんなガールズバーが危険なのでしょうか?入店して働くと痛い目を見るお店と、長く働ける良心的なお店を見抜くポイントをまとめています。

ソファー席で接待させるガールズバー

ガールズバーは飲食店扱いなので、カウンター越しの接待はOKでも、キャバクラのようにソファー席で接待させるのはあきらかに違法。

風俗営業の許可を取らないとソファー席での接待は絶対にできません。カラオケを一緒に歌うのも基本的にダメですし、お客様のタバコに火をつける行為も違法。

「え?そうなの?」と思うかもしれませんが、風俗営業と飲食店ではできることが違うんです。違法ガールズバーは危ないと言ってよいですね。

20歳未満のバーテンダーにお酒を飲ませる

18歳以上の女の子であれば、ガールズバーで働くことに問題は一切ありません。ところが20歳未満の女の子に無理に飲ませるなどの行為をすれば未成年者飲酒禁止法違反になります。

最近は20歳以上に見える高校生もいるので(メイクでかなり変わります)お客様が分かりにくいこともありますが、お店で「この子は18歳なのでお酒は飲ませないでくださいね」とフォローしたり、お客様もきちんと理解してくれるお店ならOK。法令をきちんと守るお店は安心ですよね。

謎の天引きが多い

ガールズバーで働いて、実際にお給料をもらったとします。そのとき、思ったよりも手取り額が少ないときは差し引かれた金額を良くチェックしてください。

衣装レンタル・クリーニング代、送迎代、厚生費、店舗維持費、事務代行手数料などわけのわからない名目でお金が天引きされていれば、それは危ないお店かもしれません。店長に説明してもらい、納得できないときは辞めてもいいです。

給与の支払いがたびたび遅れる

給与の支給がどんどん遅れるようなら、お店は自転車操業状態です。女の子に払うお金がないのはいよいよ末期状態。お店は潰れる寸前なのかもしれません。

「きちんとお給料をください」と言ってものらりくらりとかわされるようなら、誠意の欠片もないお店の可能性大。早めに辞めた方が良いかもしれませんね。

営業するようにきつく言われノルマが達成できないと罵詈雑言を浴びせる

飲食店として営業しているガールズバーで、営業を強要されること自体がおかしな話。キャバクラとは違います。

それなのに厳しいノルマを設定され、クリアできないと店長やスタッフから罵詈雑言を浴びせられる、ペナルティーとして給料を減らされる、嫌がらせをされるお店はあきらかに悪質。

そういうお店に限ってセクハラや客引きでトラブルも多かったりします。もっと大きなトラブルに発展する前に、早めに辞めるのが一番です。

店長や顧客から暴力を振るわれる

ノルマが達成できなかったり、お客様に失礼な態度をとったなどの理由で店長やスタッフ、お客様から暴力を振るわれるお店は一番危ないパターン。暴力となると傷害事件になる可能性もありますので、警察に相談するのが無難です。

ケガをしたときは病院で診断書の提出をする必要があるので、まずはきちんと病院で治療を受けましょう。女の子が客の暴力でケガをしているのに、店長もスタッフも笑って見ているお店もヤバいです。

まとめ

危ないガールズバーの特徴をまとめてみました。謎の天引きが多い・労働環境が劣悪・ノルマが厳しい・違法(法令順守できない)ガールズバーはかなり「危ない」お店です。

少しでも「変だな」と違和感を覚えたら周囲の方に相談するのも良いですね。

baitoclub.hatenablog.jp