日刊!バイト倶楽部

日刊!バイト倶楽部は日本全国のバイト求人を毎日紹介! アルバイトの仕事内容や難易度、出会えるバイト、稼げるバイト、短期バイト、楽なバイト、日払いバイトなど、高校生、大学生、フリーターの方のバイト探しに役立つお仕事情報を更新します。

ガールズバーは私服で働ける?

ガールズバーでは一体どんな服装で働けばいいのでしょうか?私服でもOKな職場も多いのでTシャツやGパンで実際に働けるお店もあり、お店でコスチュームを貸してくれるケースもありでいろいろです。体験入店時や面接できちんと確認すると良いですね。

 

私服OKのガールズバーならドレス代要らず

キャバクラで働く女の子の悩みの一つに「常にドレスアップしなければならない」こと。毎日素敵なドレスを着て仕事ができるのは嬉しいのですが、ドレスのレンタル代やクリーニング代を給与から差し引かれると結構お金がかかるんです。

でも私服OKのガールズバーならコスチュームのレンタル代やクリーニング代はゼロ!へアメにもそれほどお金がかからないから、経費も少なくて楽。着替える手間もいらないから私服OKのガールズバーがおすすめ!

染髪やネイルOKのお店も多い

ガールズバーによっては「自然な感じの女の子が良い」と言うお店もあり、普段から髪を染めていたりネイルアートを楽しんでいる女の子でもそのままの姿で出勤して、という店舗もあります。

ただ、お酒を作るとき、軽食を調理する時に長すぎるネイルでは邪魔になるので、あくまでも常識の範囲内が基本。なかには「髪をできるだけ黒くして」「ネイルはダメ」と厳しい注文をつけるお店もあります。ピアスはどのお店でも厳しくは言われないようです。

お店で衣装をレンタルしているケースもあり

コスチュームが必要なガールズバーでは、通常どこでも衣装をレンタルしてくれるから女の子が用意する必要はありません。

けれどここで注意したいのは、前述したように衣装のレンタル代を誰が負担するか?ということ。給料明細を見て衣装のレンタル代やクリーニング代名目で万単位のお金を差し引かれているとショックですよね?

レンタル代やクリーニング代を全額お店で負担してくれるなら、まずは良心的な店舗と言えます。

露出多めの衣装でも気にせず働けるなら問題なし

ガールズバーの衣装のなかには、胸元が大きく開いたシャツやミニスカートなど露出が多めのものもあります。そういうお店は時給も高めになっているので、高時給でガンガン稼ぎたい人には露出多めのお店で働くのも一つの方法。

でも太ももや胸元を見られるのはどうしても嫌!な女の子はやめておく方が無難です。男性の視線って、やっぱり気になりますよね。

ワンピースや制服など個性豊かなコスチュームもあり

ガールズバーの中にはフリフリのワンピースや女子高生のような制服姿、Tシャツに短パン、バニーガール、メイド服、チャイナドレスなど、個性あふれるコスチュームで接客するお店もあります。

中にはアニメのコスプレで接客するお店もあり、お客様の好みや嗜好に合わせてお店側も工夫をこらしています。もともとコスプレが好きな女の子なら、コスチューム系ガールズバーは抵抗なく働けますね。

顧客と距離があるのでボディタッチの危険は少なめ

ガールズバーは飲食店として営業しているので、お客様の隣に座ってお酒を作ったり、一緒にカラオケを歌うのは禁止されています。あくまでもカウンター越しの接客なのでどれだけセクシーな衣装を着ても、酔った勢いで体を触るのは距離があって難しいもの。

なのでガールズバーの方がキャバクラよりもボディタッチの危険性が低く、体を触られて嫌な思いをした女の子には最適です。

まとめ

ガールズバーは私服勤務OKのお店もあるので、普段着で仕事がしたい女の子は迷わずガールズバーへ。個性的な衣装で働けるお店も多数あり、コスプレ感覚で楽しく仕事ができるのがガールズバーの魅力のひとつです。

baitoclub.hatenablog.jp